情報

ノマドよりノマドなデジタルノマドとは。その真相に迫る

皆さんはデジタルノマドという言葉を知っていますか?
じつはこれ海外を中心に今日本にも広がりつつある働き方の一つで、ある意味ノマドワーカーよりもさらにノマドな生き方をのことを指す言葉なのです。ではその、ノマドよりノマドなデジタルノマドとは何か。
それは、本当の意味での遊牧民的働き方といえる、働き方なのです。

まずはノマドワークのおさらい

まず、ノマドワークについておさらいしておきましょう。
ノマドワークとは、いわゆるリモートワークの働き方の一つで、決まった事務所を持たず、カフェやコワーキングスぺーズを転々として働く働き方です。この転々と場所を移動するさまが遊牧民のようであるため「ノマド=遊牧」と呼ばれる由来になっています。

デジタルノマドとは何か

デジタルノマドとはこのノマド的な働き方をするノマドワークをさらに遊牧民的にしたものと考えていいでしょう。
つまり、もはや特定の事務所を持たないというだけではなく、PCとデジタル機器をいくつか持って、世界中を転々としながら働いていく、そんな仕事ということになります。

国を転々としながら仕事をしたり、旅行に出かけて絶景の中で仕事をしたり、そのスタイルに一定の形はありません。
要は、PCとオンラインのネット環境さえあれば、仕事を自由に場所を移動しながらやっていくスタイル。それがデジタルノマドなのです。

デジタルノマドの仕事上のメリットとデメリットとは?

では、デジタルノマドにはどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

メリット

まずはデジタルノマドには、メリットという概念はあまりないかもしれません。
なぜなら、それは働き方をより効率的に、または能率的に行うという物ではなく、より自分らしく自由な生き方の中にどう仕事を組み込んでいくのか、ということに他ならないからです。つまり仕事上のメリットを考えない生き方こそ、デジタルノマドの基本だといえるのです。

ハッキリ言って、世界中を旅しながらノマドワーキングをすることには、仕事上のメリットは存在しません、どう考えても同じ事務所で仕事をした方が能率も効率も上です。

しかし、生き方においてそれが満足した生き方につながるか、というとその先に、デジタルノマドはあります。
そのため、仕事上にどんなメリットがあるのかというのが気になる人には、デジタルノマドという生き方は向いていないだろうと思います。
メリットはない、それでも、そういう生き方がしたい。それがデジタルノマドという働き方、生き方を選ぶべき人の基本理念です。

デメリット

デジタルノマドの仕事上のデメリットは数限りなくあるでしょう。まずは、いつでもどこでもネットが生きているわけではありませんから、突然仕事のできない環境になってしまったり、長い間連絡がつかなくなることがあります。

また、世間的なコンセンサスの取れている仕事形態ではありませんから、やはり信用は薄くなってしまいます。
さらに基本的には、ほぼフリーランサーに近い人間にしかできない仕事の形なので、一般企業に勤めているような人にこの働き方は実質不可能です。

このほかにも思いつく限りにたくさんのデメリットは存在します。
やはり、とくに今現在の日本の状況下では、なかなか選びにくい選択肢ですし、ある意味デメリットが気になる人は、メリットと同じようにこの生き方を選ばない方が無難です。繰り返しになりますが、デジタルノマドの生き方や働き方は、その先にあるものなのです。

メリットとデメリットの先にあるもの

ではそんなメリットとデメリットの先にあることとは何でしょう。それは、そんなメリットやデメリットに縛られない、自分らしい生き方を最優先に考えた自由で自制的な人生を獲得する。という物です。

ある意味それは、自分の人生の舵を自分でとるということです。
他人に舵を任せていれば、大きく安定した船で人生を渡ることができるかもしれませんが、そうではなく、頼りない小船でも、また壊れそうな襤褸船でもいいから自分で舵を取りその航路を決めたい。

そんな人生の選択として存在するのが、デジタルノマドという物なのです。

デジタルノマドになるために必要なもの

それでは、デジタルノマドになるために必要なものとは何です小、その基本を押さえてみました。

複数のデジタルデバイス

デジタルノマドとして働くために不可欠なものに、複数のデジタルデバイスがあります。
少なくともノートパソコンを2台、タブレットも同じく2台くらい持っておかないと、万が一のときの対処ができなくなってしまうのです。
デジタルノマドをしているということは、すぐにデバイスの修理というわけにはいかない、ということを肝に銘じておかなければいけません。

相応のスキル

デジタルノマドの大半は、フリーランサーです。
もちろん中には企業に勤めている人もいますが、社員にデジタルノマドを許可する会社はごくごく稀ですし、大半は自由の利く管理職や経営者になります。そのため、フリーランスとしてそれなりの稼ぎを出せるだけのスキルは必須です。

いくら自由な生活にあこがれても、自由を満喫するにも、そして生活していくにも当然ですがお金は欠かせません。
デジタルノマドとは「どこにいても稼げる人」でもあるのです。

きちんとした拠点

デジタルノマドは、ほとんどの時間を様々な場所で過ごします。そのため、連絡先となる場所を一カ所どこかに用意しておかないと、いつも連絡の取れる場所にいるわけではないので、取引先にとって行方不明ともいえる状態になります。

また、公共機関からの通知や様々な郵便物を受け取る必要があり、緊急の郵便物を知らせてくれる人も必要です。少なくとも、そういったことを任せられる家族か、最低一人の従業員を抱えなくてはいけません。

ITに関するしっかりとした知識

デジタルノマドという言葉通り、デジタルはその生命線です。誰かに聞かないとデバイスの不調を治すことができなかったり、世界中の様々な場所で回線をつなぐためのノウハウを知らないと、ただの放浪者になってしまいます。

とくに、各国でお得に回線をつなぐ方法などは必須で、海外に出たから通信費が莫大にかかってなどということを繰り返していては、破産まっしぐらです。まずは、ITの世界に対してのしっかりとした知識と認識を持っておくことが必須条件になります。

自制心

じつはデジタルノマドにとって一番必要なものは、これといってもいいでしょう。デジタルノマドとして生きるということは、他社からの自分の対するすべての制約をなくしていくと同時に、自分で自分を律していかないといけないということでもあります。

様々な場所で、いつも通りに仕事をするというのは、並大抵のことではありません。移動が重なってしまった時でも、そこに仕事がある以上は疲れなど問題にせず、きめられた量の仕事をこなしていかないといけないのです。当然そこに、あなたの尻を叩いてくれる人は存在しません。仕事をしないということはイコール仕事がなくなるという世界、それがデジタルノマドの生きる世界なのです。

デジタルノマド向けの仕事

当然のことですが、デジタルノマドの仕事はほとんどPCで完結できる仕事です。しっかりと本格的名デジタルノマドとして生きていくためには、それこそかなりのハイスキルで仕事をこなす必要がありますが、ネットの発達で細々とデジタルノマドをするにはいい仕事はたくさんあります。それこそ各地の田舎暮らしを満喫したいデジタルノマドであれば、真面目にクラウドワークをこなすというのでも、生活していくことはできるでしょう。では、デジタルノマド向けの仕事をご紹介しましょう。

ライター&編集者&翻訳者

いわゆる文字系のお仕事ですが、これはよくあるパターンですね。とくに現在デジタルノマドとして有名な方には、このライターや編集者というのは多く、いわゆるアフィリエイトブロガーをしながらデジタルノマドをしている人も少なくはありません。とくに旅行系ライターなどは、デジタルノマドとしての生活がそのまま仕事に生かせます。各地の温泉宿を転々とする温泉ライターなんていうのも、いいかもしれません。

ウェブデザイン&グラッフィクデザイン&アニメーター

今度は絵画系、デザイン系のお仕事です。
これもまた、デジタルノマドには多い職業で、特にデザイン系の仕事に関しては、自由で奔放な旅の生活がインスピレーションに大きな影響を与えるといわれています。確かに、アーティスティックな側面を持つ仕事ですので、自由なノマドワークの生活はプラスに働きそうですよね。
もちろんこれには、努力と経験ではどうにもならないスキルという物が必要な分野も含まれてしまいますが、自分の持って生まれた才能で勝負するのに、場所は関係ないということでもあります。

IT系全般

基本的にIT系に関してはほとんどのことがデジタルノマドで対応可能です。
世界でもっとも有名といって過言ではないlevelsio(@lovelsio)さんはPHPプログラマーですし、おなじくゆうめいなJamesSlock(@JamesSlock)さんはフロントエンド開発企業の創業者です。

他にもシステムエンジニアや、プログラマー、ECサイトの運営者、ソーシャルマーケティングなど、IT系のノマドワーカーは様々な業種に存在します。もちろんデジタルノマドなのですから、その親和性が高いのは当然ではありますよね。

デジタルノマドになる前にリモートワークやノマドワークを経験しておく

やはりどこかで憧れてしまうデジタルノマドの生活ですが、簡単ではないことはわかっていただけたと思います。
しかしそれでも、どうしてもデジタルノマドとして生きていきたい、もしくはそのスキルがある自信を持っている人は、まずは普通にリモートワークやノマドワークを経験してみるといいかもしれません。それでもしうまくいったら、そこからは自己責任のチャレンジです。

デジタルノマドという物は、あくまでも、そういう働き方もあるという認識で、むやみに足を踏み入れないようにしておくべきかもしれませんね。
非常に素敵な働き方、生き方であることは間違いないのですが。

The following two tabs change content below.

関連記事

  1. 2045年問題と戦う。SFではない最悪のシナリオを超えて

  2. 働く!と言う概念を捨てた方が、収入を得やすいかも知れない事

  3. サラリーマンの悲哀か?時代の犠牲者か?フラリーマンの実態に迫る。

  4. IT企業って何だ。意外と知らないその中身。

  5. ノマドワーカーって一体どんな働き方なのか?

  6. 少子化で人口減少。人材も上手にシェアする時代は必ず来る

PAGE TOP