マーケティング

フリーランスマーケター

フリーランスマーケターとしての具体的な働き方まとめ

マーケティングスキルを生かしてフリーランスで働くには、最もニーズの高いWebマーケティングがおすすめです。そこで、マーケティングに関して一定以上のスキルのある人がフリーランスWebマーケターとして働くための効果的で効率的な方法を具体的に紹介します。

Webマーケターとしてのスキルアップは副業を通じて行うのが効果的な理由

マーケティングに関する基礎的なスキルやWebマーケティングに関する一定のスキルがあっても、Webマーケティングの仕事は数字データとして結果が現れるため、スキルを成果に結びつけられなければWebマーケターとしては成功できません。

そのため、マーケティングやWebマーケティングの知識を増やしてスキルを高めるとともに実務で成果を出せるようになるには、副業でフリーランスWebマーケターとして働き、実務を数多く経験する必要があります。

実務を経験すると、Webマーケターに必要でありながら知識だけでは習得が困難な「問題解決力」「論理的思考力」「プレゼンテーション力」「コミュニケーション力」「ヒアリング力」「コンサルティング力」などのスキルが身に付きます。

また、副業でWebマーケターとして働くメリットは、多様なWebマーケティングを経験できること、および新しいテクノロジーや新しいマーケティング理論にも触れる機会が増えることです。

1つの例をあげれば、顧客が購買に至るまでの心理プロセスを示した「AIDMA(アイドマ)モデル」は、インターネットの時代には「AISAS(アイサス)」から「SIPS(シップス)」へ変化しました。しかし、これも時代遅れになってきています。テクノロジーや顧客の価値観、購買活動は速いスピードで変化しています。これらに触れるには常に実務を経験していないと困難です。

フリーランスWebマーケターになるための副業を活用した働き方

Webマーティング関連会社への就職・転職

最も堅実で確実なのは、Webマーケティング関連会社に就職・転職してWebマーケターとして勤務することです。勤務しながらWebマーケティングに関する知識と実務経験が得られます。

具体的には、Web広告を取り扱うWeb制作会社・広告会社が最も効果的に知識と実務経験が得られます。または、通販会社でECサイトの運用担当職種への就職・転職でも良いでしょう。なお、Web制作会社のなかにはWeb広告を取り扱っていない会社もありますが、その場合は不適当です。

現在勤務中で、すぐには会社を変わりたくないが今すぐ動き出したい、という場合は、マーケティング部門のWeb担当への異動を願い出ることが必要です。そしてWeb広告の運用をまかされ、Web広告代理店との交渉窓口ができる仕事を任されると理想的な働きかたができます。

Web広告代理店との交渉窓口になれるとそこにつながりができ、フリーランスとして独立したときに仕事を回してもらえる可能性が高まります。交渉の窓口にならなくても積極的に関わり合いを持つようにしましょう。このことは、Webマーケティング関連会社に就職・転職するときも同様です。

これらの会社で十分にWebマーケティングのスキルと実務経験が積めればフリーランスとして独立し仕事を請け負うことが可能になってきます。なお、一般的に政府の働き方改革を受けて、会社に勤務して本業を持っていても副業が認められやすくなっています。原則、本業に支障がでなければ副業は可能です。副業規定に注意して、在宅でWebマーケティングの副業することを検討してはいかがでしょうか。

フリーランスとして独立または副業でWebマーケティングを開始

Webマーケティングに関する一定以上のスキルと実務経験があれば、フリーランスとしていきなり独立することが可能です。独立しても仕事量が少なければ、忙しくなるまでの期間は以下のクラウドソーシング会社、副業の紹介会社、あるいは人材派遣会社に登録し、あき時間でWebマーケティングの仕事ができます。

自分のWebサイトを作ってWebマーケティングを副業で実践

会社に勤務しているか、あるいはフリーランスとして独立しているかに関係なく時間を見つけて、ブログを作り、アフィリエイトをして集客と売上を高める施策を実施します。そして、その結果を分析して改善した施策をまた実施というPDCAサイクルを回して成果を出せるようにすることが重要です。

その結果を公表することでWebマーケターとしての実力を評価してもらえると同時に効果的な広告となってWebマーケターの仕事の獲得につながります。

自分のサイトのPV数を1カ月最低でも1万PVまで育てます。もし10万PVにまで伸ばせれば、その実績だけで仕事に困ることはなく、またアフィリエイトの収入だけでも十分暮らしていけるだけの収入になるでしょう。このとき、Webマーケターのクライアントになる会社は、単にPV数が増えるだけでは満足しません。

会社は、自社のターゲット層を集客してWebサイトの目的(売上、問い合わせや資料請求、会員やメルマガ登録など)を達成しなければなりません。そのため、狙ったKW、ジャンル、カテゴリなどでPV数を伸ばし、コンバーション(CV)率を高めなければなりません。このことを意識して自分のサイトを運営すると、よりWebマーケターとしての実力をアピールできます。

Webマーケティングの知識を習得する方法

Webマーケティングのスキルは上記の働き方による実務経験で高められますが、断片的になります。幅広く、また体系的にWebマーケティングのスキルを高めることで、より効率的にフリーランスWebマーケターとして大きく成長できます。

体系的に幅広く知識を増やすためには、以下に紹介する3つの方法を必要に応じて行い、知識があるだけではWebマーケティングでは何の意味もないので、実務に生かして効果をあげられるようにします。

Webマーケティングの書籍・サイトを読む

Webマーケティングを体系的に学ぶには書籍が適しています。書籍の中のそれぞれの項目をさらに深く理解したいときにはWebマーケティング関連のサイトやその項目について詳しく書かれている書籍を参考にしましょう。書籍は店頭で最も理解しやすく書かれているのを選ぶのがベストです。Webサイトでは以下がおすすめです。

・MarkeZine(株式会社翔泳社)
・ferret(株式会社ベーシック)
・SEO Japan(アイオイクス株式会社)
・Web担当者Forum(株式会社インプレス)
・WEBマーケティングPLUS(ターゲットメディア株式会社)

Webマーケティングのオンライン講座を受講する

Webマーケティング関連のオンライン講座のいくつかを紹介します。この他にも多数の講座やセミナーが開催されています。

・ShareWis(株式会社シェアウィズ)
・Udemy(株式会社ベネッセコーポレーション)
・ジッセン!オンライン(株式会社サーチライフ)
・Googleデジタルワークショップ(Google)

Webマーケティングの資格を取得する

Webマーケティング関連の資格は以下のとおりたくさんあります。資格取得のために勉強すると知識が身に付くと同時に資格があることで対外的な信頼度が高まり、フリーランスとして最初に仕事を始めるときは多少有利に働きます。

しかし、Webマーケティングの実績と高いスキルがあれば資格は不要です。資格取得の目的は、あくまでもスキルを高めることです。

もし、フリーランスとして少しずつ実績を積む覚悟と時間に余裕があれば資格取得を目的とした勉強は不要です。資格取得で得た知識は、実務で生かして効果をあげられなければその資格を取得した意味がありません。

なぜなら、Webマーケティングでは結果が数値データで現れるので、いくら知識があってもWebマーケターとしての実力は認められません。Webマーケターとして生き残るには実績をあげることが最も重要です。

Webマーケティング関連

・ネットマーケティング検定(株式会社サーティファイ)
・IMA検定(クラウドマネージメント協会)
・Webディレクション検定(株式会社ボーンデジタル)

データ解析関連

・ウェブ解析士(ウェブ解析士協会)
・統計検定(統計質保証推進協会)
・Webアナリスト検定(日本Web協会)
・Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)(Google)

リスティング広告関連

・Yahoo!プロモーション広告 プロフェッショナル認定試験(Yahoo!)
・Google 広告の認定資格(Google)

フリーランスのWebマーケターに必要なWebマーケティング以外のスキル

フリーランスWebマーケターとして働くにはWebマーケティングの実務経験とスキルは最低限必要です。実績がまだ少ないときは、クライアントの信頼をより高める、およびWebマーケティングの効果をより大きくするために以下のスキルを備えるようにしましょう。

問題発見能力と解決する企画力

Webマーケティングでは、問題を発見して施策に改善を加えて解決していくことを繰り返す必要があります。良い企画は、問題の根本原因を把握することから生まれます。真の原因を把握できなければどんなに優れた企画を立案しても問題解決に至りません。

現状の問題点の把握は、Webマーケティングでは勘や過去の経験を排除してデータ分析を中心に行います。企画力を簡単に高める方法はないため、まずは真の問題点を洗い出すことに注力します。Webプロデューサー試験Webディレクター試験で現状を把握し、問題点を改善する戦略が立案でき、戦略を具現化する企画力・発想力などを養えます。

データ分析力

Webマーケティングでは、施策に関するさまざまなデータを活用できます。しかし、いくらデータを集めてもデータから問題点を抽出できなければ問題を解決できません。

データを分析するスキルは、統計検定Google アナリティクス個人認定資格Webアナリスト検定ビジネス統計スペシャリストおよびウェブ解析士などでデータ分析の手法が学べます。

コミュニケーション力、調整力、コンサルティング力、カウンセリング力

Webマーケティングでは、マーケティング部門だけではなく開発、生産から営業、アフターサービス部門までの組織横断での施策遂行が必要です。あらゆる部門とのコミュニケーションを蜜にし、連携できるようにする調整力が求められます。

コミュニケーション力、調整力、コンサルティング力、およびカウンセリング力は、資格の勉強で簡単に身につくものではありませんが、基本的なコミュニケーション力を付ける方法としてはコミュニケーション検定がおすすめです。その他ではコンサルティング力やカウセリング力を高めるには心理学を勉強することで高められます。

情報収集力

Webマーケティングに関連する手法やテクノロジーの進歩は早く、多彩です。また、顧客の価値観やトレンドの変化も早いことから常に情報を収集し、活用できるようにする必要があります。

Webマーケターに必要なニュースやコラムのサイトにはMarkeZineferretWEBマーケティングPLUSなど多数あります。

プレゼンテーション力

Webマーケティングを立案し、それを施策として実施するにはクライアントに施策の企画案をうまくプレゼンテーションして承諾のサインをもらわなければ実施できません。企画案を説明するときに説得力のあるプレゼンテーションができる必要があります。

プレゼンテーション力を高めるには、プレ検プレゼンテーション技能検定、およびビジネス文書技能検定の資格がおすすめです。

まとめ

フリーランスWebマーケターとして独立して働くには副業で実務経験を積むことが効果的であること、Webマーケターとしての具体的な働き方、およびスキルアップのために役立つ情報を紹介しました。

今後、Webマーケティングの重要性はますます高まっており、Webマーケターの需要は拡大しています。本業でも副業でも魅力的でやりがいのある働き方ができるWebマーケターは将来性のある職種です。

The following two tabs change content below.

関連記事

  1. あなたのためにある世界。リファラルマーケティングとは。

PAGE TOP