副業

お給料プラスアルファをフリーで稼ぐ、フリーランサーで副業のすすめ

仕事を複数持つ副業、もしくは複業。
その形には様々なものが存在しますが、中でも今中注目を浴びているのが、給与所得のほかにフリーランスとしてお金を稼ぐフリーランサーとしての副業です。
とはいえ、フリーランスで稼ぐなんてことが自分にできるのかとお悩みの人も多いと思います。
というわけで今回は、副業としてフリーランサーで生きていくためのノウハウに迫ってみようと思います。
実はそんなに難しいことではないのです。

まずはフリーランスを目指すスキルを考える

フリーランサーで副業をするには、フリーランスで稼いでいくスキルが必要です。
流石にこれがないと、フリーランスで仕事はすることはできませんし、そもそもスキルのない人には仕事を発注してくれる人はいません。
しかし、現在フリーランサーとして働いている人の幅を見ると、そんな心配は不要かもしれないのです。
というのも、現在フリーランスで働く人たちの売り物にしているスキルは、オーソドックスなSEやプログラマー、の他にもフリーライター、フリーイラストレーターからフリーの占い師まで様々です。
それこそ、人生相談や話し相手といった職種まであるのですから、かなりすそ野の広い世界なんですね。
とくにクラウドワーカーとして働くのであれば、現在の仕事で培ったスキルや、これまでの人生で趣味として培ってきたスキルで十分仕事ができます。
まずは一度、クラウドワーカーのポータルサイトなどを見て、どんな仕事があるのかを見てみるといいかもしれません。
かなりいろいろあって、驚かれること間違いなしです。

クラウドライターの実例

さてここからは、副業としてクラウドライターをしているフリーライターの知人を実例に見てみましょう。
実際どれくらい稼げて、どれくらいの手間がいり、どんなデメリットがあるのか。
実体験レポートです。

収入は良い時には月10万を超える

もちろんライターのスキルにもよりますが、かなり本格的に取り組めば月10万を超える収入も夢ではありません。
どこのクラウドワークのポータルサイトでも、手数料をひかれますから、純粋に売り上げが収入に反映することはありませんが、それでも収入が月10万を超えることはあり得ます。
もちろん、それにはそれなりの仕事をこなす必要はあります。
炊いてクラウドライターの相場は1文字0.5円から2円ですから、1文字1円と考えても売り上げで10万を超えるには月10万字は書く必要があるわけです。
そしてそのためには、月10万字の注文がなくては、当然達成はできません。
しかし、それはあくまで最高値で、5~6万を稼ぐのであれば、そんなに困難ではありません。
副業としてバリバリやるのも、お小遣い稼ぎとして小さく稼ぐにも、なかなか魅力的な仕事といえますね。

スキルはそんなに必要ではない

もちろん、うまい文章が書ければ申し分ありません。
クラウドライターのお仕事はネット上の文章を書くことが主流となりますので、SEOの観点からコピペなどもできません。
しかし、小説や脚本を書けというわけでもないのですから、基本的な文章が書ければこなせる仕事です。
とくに、本業で何らかの書類をたくさん書いていたり、それこそ出版系の仕事をしているなどという人ならば間違いなくこなせます。
他にも趣味でブログをやっているなんて言う程度の筆力で、こなせる仕事です。
もちろん質が高ければ、多くの注文を得られますし、顧客の方にも喜んでもらえるので質の高さがあればあるに越したことはありません。
しかし、これも経験で、やっているうちにうまくなっていくものでもあるのです。

趣味がお金になる世界

これは何もフリーライターだけではありませんが、フリーランサーは趣味がお金になる世界です。
仕事で培ったスキルも当然フリーランサーとしてのスキルになりえますが、本業に対する副業程度の収入を目指すならば、やはり趣味のスキルが生かされる分野といえます。
このフリーライターさんも、自分のそのスキルがお金になるとはみじんも思っていなかった、というのが正直なところのようです。
つまり、趣味で培ったスキルというのは思ったよりお金を稼ぐアイテムとして通用するということ。
そして、そんなスキルを欲している人は世の中にけっこうたくさん存在するということです。

面倒なのは申告と税金

フリーランサーをしていくうえで避けては通れないのが、深刻と税金の面倒さ。
なにせフリーなのですから、これは自分でやらないといけません。
というわけでここからは、そんなフリーランサーの申告と税金について説明したいと思います。

年間20万以内ならば払わなくてもいい

先ずは基本的なことですが、副業で得られる収入を雑所得と言います。
これは簡単に言えば、給与以外の収入ということになるのですが、ふつう1か所から給与所得を受けている人ならば、この雑所得が年間20万以内なら申告の必要はありません。
しかし、年間20万円以内というと、月当たりは1万円そこらです。
流石に副業としてはちょっと物足りなくなりますので、はやりこれ以上は欲しいところですね。

確定申告のために準備をしておく

副業で年間20万円以上を稼ぐと、確定申告の必要が出てきます。
細かいことは最寄りの自治体や税務署、公的なサイトで確認してほしいのですが、簡単に言えば、ここで申告することによって税金をひかれるということになります。
そして、そんな税金の弦楽のために必要経費の提示が重要になるわけです。
サラリーマンをしている場合、そんな心配はありませんが、雑所得は経費を引いた分の所得を計上するものですから、普段から領収書の収集と帳簿付けは必須です。
それこそ自宅でパソコンを使てやっている場合、自宅の光熱費からパソコンの通信代まで経費になりますから、放置しておくのはもったいないですよね。
ですからこれは、フリーランサーとして収入を得るためには、必ずやっておくべきことなのです。

事業所登録をするともっといい

フリーランサーとして実質的に収入を得ていこうとすると、事業所登録が目標になります。
事業所登録とは、つまり、自分のやっているフリーランスの仕事を公的にきちんとした仕事として認めてもらうというもので、各種控除が受けられるようになります。
これも詳しくは公的なサイトや税務所に相談するのをお勧めしますが、やはりかなり収入に差が出てくるのです。
ただ、事業所登録をするためには、いまやっているフリーランスの仕事を事業として認定してもらう必要が出てくるのですが、そのためにはいくつかのハードルがあります。
その一番は、継続的に利益の出るある程度の規模の収入であるということです。
また、株取引やFX先物取引などの副業は、事業者として認定されないことも多いようですので注意が必要です。
しかし、事業者登録ができるようになれば、申告の種類も白色申告から青色申告に変えることができ、控除だけでなく損益の3年繰り越しなど様々なメリットが出てきます。
さらに、家族や配偶者を専従者として給与を払ったことにできますので、その分を経費にすることもできるのです。
もし、しっかりとフリーランサーとして稼ぐことを目指しているなら、ぜひ事業者として青色申告をすることを目指すべきですね。

もちろん、申告や税制に関しては、ほかにも知るべきことはたくさんあります。
それに関しては再三書いているように、しっかりと公的機関や税務署で確認してくださいね。
しかし、個人事業主の方なら皆がやっていることでもありますので、慣れてしまうとそんなに難しいことではありません。

フリーランサーとして知っておくべきこと

最後に、フリーランサーとしての心得を記しておきます。
簡単に始められて、手軽に稼げるフリーランスのお仕事ですが、そこにもちゃんと負うべき責任はあるのです。

クライアントとの信頼関係は自分で築く

クラウドワークなどのポータルサイトを利用すれば、面倒な宣伝などの手間は省けます。
しかし、そういったサイトを利用したとしても、フリーランスでお仕事をする以上、クライアントとの関係性は一対一の個人間のコミュニケーションになることが普通です。
それがたとえ企業との契約でも、そこまでの話し合いや連絡は担当者さんとの個人対個人の物です。
そして、企業で働くのと違い、そこには企業という名の自分の責任を肩代わりしてくれるバックアップは存在しないということはしっかりと認識しておきましょう。
納期の厳守や仕事のクオリティーはもちろんのこと、受け答えや連絡の密度など、そこで行われるすべての行動とその印象は、あなた個人の評価になります。
そしてそれは、いうまでもなく収入に直結するのです。
フリーランサーとして副業をするうえで、その、自分一人で責任を担うという認識は絶対に持っていないといけません。

仕事の質を選ぶ

フリーランスのお仕事にはたくさんの種類と、広いすそ野が存在します。
そしてその中には、必ずと言っていいほど、法的にグレーなもの(時にはもはや真っ黒なもの)、法には触れていないものの倫理的に疑問を感じるようなものもあります。
少し前、フリーライターがでたらめな医学知識を書いて問題になった事件を記憶している人もいるはずです。
このようにフリーランスのお仕事では、仕事上のコンプライアンスを自分で判定していくという必要もあるのです。
とくに、現代のフリーランスの仕事はネット上のビジネスになりますので、相手の顔の見えないクライアントとの取引が中心になります。
そう、そんな顔の見えないあなたの取引相手が、必ず良い人とは限らないのです。
ですから、そのあたりの分別をしっかりとつけ、きちんと倫理観と危機感を持って仕事をすることも重要なのです。
なぜなら、その結果こうむってしまう社会的不利益は、あなた個人が負担するもので、それが本業に悪影響を及ぼすことは、もはや言うまでもありません。

独立も夢じゃない

というわけで、ここまでフリーランサーとしての副業についてみてきました。
副業の形態にもいろいろなものがありますが、このフリーランサーとしての副業においては、ひとつ他にはない夢があります。
それは、副業の収入が安定し本業を追い抜くようなことになれば、独立も視野に入るということ。
いつか副業としてではなく、一人のフリーランサーとして独立し、自分の力で生きていくという夢。
簡単な夢ではないですし、だれでもできることではありませんが、そんな夢を追うこともできるというだけでも、ただの副業とは違う楽しさを味わえるのではないでしょうか。

The following two tabs change content below.

関連記事

  1. 副業はメインの収入が少ない人の救世主になる

  2. 企業を選ぶから企業に求められる人材への道。副業を生かしたキャリアアップ…

  3. 自分で描いた作品を売る、同人作家と言う選択肢

  4. 収入を複数持ちたいと考えている人は、ブログを書くと良い?

  5. こんな人もやっていた!副業がすごい芸能人。

  6. 初めて副業する人にオススメの副業

PAGE TOP