blog

これからの時代、働き方は人それぞれだと言う事

ずっと同じ働き方しかしてこなかったり、親や兄弟や親族も同じような仕事にしか従事して来なかった人は、これからの時代の働き方を色々見たり聞いたりする事で何かしらの抵抗感を感じるかも知れません。普通は朝出勤して夕方帰宅すると言う就業形態が多いですが、それ以外の時間帯での働き方を選ぶ人も多いのです。今でも割と抵抗している人は多いのですが、仕事は深夜帯にしかしないと言う人はたくさんいます。夜中のコンビニの店員さんや、24時間稼働している工場の夜勤の人やファミレスや居酒屋まで様々ですが、深夜帯の仕事は日中の時給より25%増しにしなければならないと言う規定があるので、夜勤で働いた給料で生活してしまうと、なかなか日勤の給料には戻れないそうです。

他には、会社に就職しないでずっとフリーターの人もかなり多く存在しているのですが、一つの同じ職場に居続けるのではなく時間帯によって働く場所を変えたりしている人もいるので、一つ所に長時間いる働き方よりは、ある意味毎日刺激があってイイのかも知れません。更に最近流行っている?在宅ワーカーですが、クラウドソーシングなどで仕事を受注して在宅で仕事をする以外のもあるのです。普段は会社に行って、会社のパソコンを操作して書類を作ったり文字入力系の仕事ばかりしている場合は、家にあるパソコンや会社のパソコンを持ち帰って在宅で業務を遂行するという働き方も徐々に増えてきている様です。共働き夫婦の間に子供が出来、奥さんが育児のために一時的に職場を離れなければならなくなった際に完全に休職するのではなく、会社に行かなくても自宅で出来る簡単な業務を家で続けることも出来る会社もあるのです。

また、完全に会社から独立して、会社でやっていた業務を委託してもらって在宅で仕事をする就業形態をとる人もいる様ですね。要は、働くと言う事は基本的生活を維持する丈に労働をしてその対価である給料を得る事ですが、それが毎日の通勤では無く在宅だったり、一つの場所だけに働きに行くのではなく時間帯を分けて複数の場所で働くのかは、その人の自由と言うか目標の金額を得るためには必要な働き方だと言えるのです。時代の変化に伴い、働き方も色々と変化しているので、一つの働き方に捉われないようにして行った方が良さそうです。

関連記事

  1. 起業を考えている人が知っておきたい意味と現実

PAGE TOP