複業の種類から見る自分に合う複業の選び方

複業(パラレルワーク)

自分の特技で稼ぐ!おすすめスキルシェアサービスの比較やそれぞれの特徴を解説!

副業

パラレルワーク(複業)意識調査!始めるための課題は?200人アンケートで分かった20代、3…

複業(パラレルワーク)

社会人1年目から複業家として働くということ

複業(パラレルワーク)

企業で始まった複業解禁の動き!副業とはどう違うのか

複業(パラレルワーク)

おすすめ複業(副業)紹介エージェント

本業スキルを活かした副業なら「プロの副業」

政府がすすめる「働き方改革」に伴う副業を推進する、プロ人材の為の副業紹介サービス。

おすすめ度
対応力
運営歴
特徴1
他社には少ないマーケティング関連に強い
特徴2
高単価案件が多い
特徴3
現役のプロ人材のみ在籍
こんな人におすすめ
広告、マーケティング案件の副業を探している方や、本業を活かしたスキルで副業したい方

フリーランスママによるマーケティング・クリエイティブチーム「マムズラボ」

全国各地のフリーランスママによるマーケティング・クリエイティブチーム

おすすめ度
対応力
運営歴
特徴1
全国各地でフリーランスとして活躍するママが、企業や社会の課題を 解決する在宅型モデル。
特徴2
実務経験豊富なフリーランスママが、ママならではの生活者目線を活かしたソリューションを提供。
特徴3
現役ママを集めた座談会やグループインタビューの実施が可能
こんな人におすすめ
子供はいるが実務経験があり、時間を有効に使って働きたい主婦の方

専門家を紹介する顧問活用サービス「i-common」

退職後などにこれまで培った経験やノウハウ を次世代の経営者へ繋ぐサービス。

おすすめ度
対応力
運営歴
特徴1
年齢層がほぼ60代以上のプロのシニア人材
特徴2
在籍人材は機器メーカー出身者が25%、IT、金融が12~14%と占める
特徴3
元大手上場企業役員経験者等のシニアエグゼクティブや各領域の専門性が得意
こんな人におすすめ
定年退職後に再度経営に携わりたい方、後進へ知見をつなぎたい方

パラレルワーク(複業)って何? 

「Parallel」(パラレル)とは「平行の」という意味の英単語で、パラレルワークとは、平行して複数の仕事をするという意味になります。複業は副業のような本業ありきの小遣い稼ぎ感覚ではなく「複数の本業」を同時並行で行っていく事、つまり主となる収入源を複数持つことで、そういった人達を「パラレルワーカー」と言います。

かの有名なドラッカーも著書の中で、これからの社会で求められる人材は「特定の組織に依存しない人達だ。そして、自分のキャリアは自分で決める人達だ」と述べています。

21世紀に入り、働き方は気が付かないうちに、どんどん変化し、多様化しているのです。

 

詳しくみる

副業と複業の違い

副業とは

メインではない、本業の傍ら、片手間(空いた時間など)で少しづつ働くことで、基本的に本業の職場などには隠して行っている人が多いかもしれません。しかし現在政府が、年度内にも副業を原則容認する方向で動いている為、この流れは大きく変わる可能性を秘めており、これからは本格的な副業ブームが到来するかもしれません。

複業とは

メインビジネス、サイドビジネスという区別をつけずすべて本業として複数の事業を行うことで、最近では複業自体を、職場公認や職場が推奨していることが多くなってきているのが特徴です。例えば週にA社とB社を2日づつ、さらにC社を1日など。
しかし複業はだれでもできるわけではなく、これをできるのは、ある一定以上のスキルを持ったプロフェッショナル人材が多いようです。
つまり副業は本業とは別の小遣い稼ぎ感覚でサイドビジネスを行う事で、複業は本業を複数持って平行して行っていくことです。

複業(副業)にオススメのクラウドソーシングサービス5選

最近の記事

PAGE TOP